最近、広告に出している住宅の坪単価が驚くほど下がっています。

しかし、その金額を信じて、申込金を入れ商談を進めていくと、チラシに出ていた金額とは別に、

「これは追加ですもんね。」
「これも追加です。」
「チラシに出ていた金額以外に付帯工事費として○○円必要です。」
「それと現場経費として・・・。」

チラシに出ていた29.8万円の金額を信じて話を進めていたのに結局、坪45万円を超えてしまった。と言う話をよく聞きます。
これは、住宅の価格の表示に対しての決まりが無い為に起こる事なのです。

チラシ、広告の価格だけを信じないで下さい。

先日当社でお見積りを取られたお客様が

「本当にこの金額で全部なんですか?後であれ別、これ別って高くなるんじゃないんですか?」

とご心配されていたのです。

「そんなにご心配されるという事は、以前に何かあったのですか?」

とお尋ねすると、

「他の会社で何件か見積りを取ったんだけど…。始めは、チラシに出ている金額なんかを見て安いと思って見積りを頼んでみると、後になってからそれは別途とか、これはオプションとかいうんですよ。そんなことばかりで…。」

確かに住宅というものは、住む人の個性に合わせてつくるものです。
オプション工事追加工事もあるでしょう。

しかし本体工事金額を安く見せてオプション工事や追加工事で利益を上げる。
または、世間の常識では考えられないような、経費という名目で数十万円から百数十万円を建築工事費用の別途で見積りして来るというような手法がまかり通っていることも事実なのです。

特に営業マンに「とにかく契約を!」と勧められて後になって追加、追加の連続では泣くになけません。

「坪32万円とか35万円とか言ってもどうせ最後には坪50万円になるんでしょう?」

と言う嘆きの声をよく聞きます。
いえいえ、そんな会社ばかりではありません。
あなたは、本当にいい家をより安くつくることは必ず出来ます。
たくさんの家を見て、本物を見る目を養う事が一番大切なのです。

ABCからワンポイントアドバイス・ここをクリックしてください

あなたは、見た目だけで結婚相手を決めますか?
そうはしないはずです。

きっと、お化粧をしていない素顔をも見て、性格も見て、そしてお決めになることでしょう。
家選びもそうです。

出来上がりの家ばかり見てもその住宅の本当のできや、それを造っている住宅会社のことは何もわかりません。

建築現場は、その住宅会社の、家づくりに取り組む姿勢を見せてくれます。
廃材が散乱して、整理整頓が行き届かない現場は、おそらく、その材料一つ一つがお客様から預かった大切な材料だと言う事を理解していない住宅会社なのでしょう。

あなたが、現場に行ったとき、職人たちがもしあなたに明るい笑顔で挨拶をしなかったら、彼らは、誰から仕事を頂いて、誰のために家づくりをしているのかを会社から指導されていないのでしょう。

失敗しない家選びのコツは、現場に出かけて見られることです。
そして、建築中の現場を積極的に見せない住宅会社は危険だと思います。

押し売り営業で困った、根負けして契約してしまった。
そういうお話を聞いたことはありませんか?

夜討ち、朝駆け営業で「無理やり」売り込まれた事はありませんか。

なぜそのような嫌な事が起こるのか、簡単に言えば「営業マンは契約する事が仕事」だからです。

特に大きい住宅会社は3名~10名ぐらいの営業マンをかかえています。
その営業マン達には毎月、半年、年何棟契約しなさいという目標があり、目標達成すれば報償金がもらえるし、契約できなければ会社にいられなくなります。

毎月営業会議で「今月はどうなんだ」と上司に詰められおこられます。
そうならないために上記のような行動になるのです。

お客様の心理にうったえた「お願営業」、キャンペーンだと言って「値引営業」、契約するまでうまい事を言って、契約した後はあまりかまわない「釣った魚にエサを上げない営業」などの手で話を持ちかけてきます。

そして契約してしまえば、営業マンの仕事は終わり、次にバトンタッチして次のお客様獲得に動くのです。

この様なやり方で本当にいいのでしょうか?

建ててもらったお客様は本当にしあわせなのでしょうか?

私達は思います。「商品というものは、消費者の方が自由に選択するもの」
本当に良いものを安く提供できる自信があれば消費者の方から選んで頂けると考えております。

見学会にご参加された方々にも、私達の方からの売り込みは一切しません。
(売り込んでもらいたい方は言って下さい。)

エービーシーホームでは、何もかも、何でもかんでもオプションなしで付いている訳ではありません。
ただ、新しい生活を始められるのに最低限必要と思われるものは全て標準とし、従来の住宅業界のまぎらわしい価格の常識を改めていこうと思っているのです。